【米国株】ブルームエナジーとSK E&CがKTコーポレーションとKorea Midland Power Companyとの新しいプロジェクトを発表

2019-02-13

ブルームエナジーとSK E&CがKTコーポレーションとKorea Midland Power Companyとの新しいプロジェクトを発表

カリフォルニア州サンノゼ – (BUSINESS WIRE) – (ビジネスワイヤ) – 韓国で3番目に大きなコングロマリットであるSKグループのエンジニアリング&コンストラクション部門であるSK E&Cとブルームエナジーコーポレーション(NYSE:BE)は本日、供給契約を3回獲得したと発表した。韓国におけるブルームエネルギーサーバー SK E&Cがブルームエナジーの国内販売代理店となった2018年11月中旬の合意にすぐに勝った。それはまた、昨年韓国のブンダンで商業規模の事業規模のプロジェクトを提供したパートナーシップの上に成り立っています。

SK E&Cは、韓国の6つの地域発電会社の1つであるKorea Midland Power Co.(KOMIPO)と、韓国最大の電気通信会社であるKT Corporation(以前のKorea Telecom)にBloom Energy Serverを供給します。

KOMIPOによるプロジェクトは6 MWの燃料電池設備です。それは、2500万人以上の人口を持つソウル大都市圏の中心部に位置する文化公園内にあります。ブルームエナジーサーバーの高いスペース効率、心地よい審美性、低い騒音レベル、低いCO2、そしてほとんど煙が出ないことは、周囲の公園の土地や近くの住宅に理想的です。このプロジェクトは全国の電力網に直接電力を供給し、12,000以上の住宅に電力を供給します。

SK E&Cはまた、KTコーポレーションの2つのプロジェクトに電力を供給するためにブルームエナジーサーバーを供給します。各プロジェクトは900KWであり、全国の電力網に直接電力を供給し、1,800以上の住宅に電力を供給します。この展開は、先端エネルギー技術のリーダーとなるためのKTのSmart Energyイニシアチブの一部です。

スポンサーリンク

KR Sridharの会長兼最高経営責任者(CEO)であるブルームエナジーファウンダーは、次のように述べています。「私たちは、低炭素でクリーンで信頼性の高い、常時オンの電力を調達するための迅速な取り組みで韓国を支援できることを誇りにしています。」

韓国は、約300メガワットが配備された、実用規模の発電用の燃料電池の配備における世界的リーダーとなっている。同国の通商産業エネルギー省(MOTIE)の第8電力需給計画は、2022年までにこれらの配備を約600 MWにさらに拡大することを求めた。

ブルームエナジーサーバーは、世界で市販されている発電システムの中で最高の電気効率を達成しているため、燃料消費量が少なくてすみます。韓国は天然ガスをすべて輸入しているため、燃料費が高くなるため、これは韓国では特に重要です。

韓国は最も人口の多い世界の主要経済国であり、5000万人以上の人々がわずか10万平方キロメートルに住んでいます。アジアで一人当たりの電力消費量が最も多い国です。国土の約30%しか低地と見なされていないため、その地形と高い不動産開発コストにより、高出力密度の燃料電池は都市部での設置にとって魅力的なソリューションとなっています。

ブルームエナジーとSK E&Cの戦略的パートナーシップは、2017年12月に韓国で最初の固体酸化物型燃料電池の設置に成功するための入札に成功したときに始まりました。ソウル南部の公益施設向けの8.35MWブルームエナジーサーバーソリューションは完成し、2018年後半に商業運転を開始しました。 787平方フィートごとに。

雑記

Posted by kirishima