【NISA】2018年つみたてNISA買い付け完了

2018-12-21

2018年つみたてNISA買い付け完了

 

かわい子ちゃん大好きです。2018年分のつみたてNISA買い付けが完了しました。40万円分ピッタリ枠を使い切りました。つみたてNISAの制度は今年から始まりましたが、今年は以下のように積み立てを行いました。

  • つみたて商品:楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
  • 積立総額:40万円ピッタリ
  • 楽天VTI一本をひたすら積み立て
  • 1,619円/日で毎日積立
  • ボーナス月は7月に1回;5,000円

NISA・つみたてNISAについて

つみたてNISAは今年2018年から始まった制度です。40万円/年の枠、非課税期間20年という長期投資にはもってこいの制度です。単純計算で最大800万円の投資が可能です。投資対象は、金融庁が厳選した投資信託が対象です。手数料ばかりバカ高くて成績も悪いファンドは初めから弾かれていますので、初心者でも比較的安心して投資できるのではないでしょうか。

NISA・つみたてNISAに関する詳しい情報は、以下の金融庁のサイトが分かりやすいです。

金融庁:NISA特設ウェブサイト

【楽天VTI 2018年の動き】

楽天VTIの基準価額推移と純資産残高
楽天VTIの基準価額推移と純資産残高

基準価額は、下がって騰って、年末にかけてまた下げて結局元の位置に戻ってきたような推移を見せています。10月の下げが特に特徴的です。上がる時はジワジワ上がり、下がる時は一気に下がるものですね。このままだと恐らく、年初来からの騰落率はマイナスとなりそうです。私はいまが積立のチャンスだと考えています。

  • 年初来安値:9,576円(3/26)
  • 年初来高値:11,824円(10/4)

純資産は毎月順調に増加していっており、もう特に問題はないでしょう。純資産残高は、本日時点で270億円ほどとなっています。

楽天VTIの2018年のトータルリターン

11/30時点ですが、1年間のトータルリターンではプラスになっています。カテゴリ平均を大きく引き離していますね。しかし年末にかけて大きく下落していますので、中にはマイナスになっている人もいるのではないでしょうか。例えそうだとしても、20年という長い期間の中の1年間なので大きな心配はする必要はないと思っています。今後3年・5年後はどうなっていくのか楽しみですね。

スポンサーリンク

【2018年つみたてNISA結果】

楽天VTI 2018年の結果
2018年つみたてNISA結果  注)見やすくするために、グラフは一部調整しています。

2018年つみたてNISAの結果です。

楽天VTI 2018年の損益実績

スポンサーリンク

  • 総口数:373,381口
  • 取得単価:10,713円
  • 損益:-28,225円、-7.05%(本日時点)

ご覧の通り損益はマイナスでした。12月に入ってからは、日本も米国も面白いくらいに下げていますから仕方ないですね。現在進行系で市場は大荒れという認識です。

積立累計口数(緑色面グラフ)は、綺麗な右肩上がりで口数を積み増していっています。毎日定額で積み立てていますので、当然この様な綺麗なグラフになります。つみたてNISAは非課税期間が20年ありますので、焦ることはないと思っています。インデックスファンドは愚直に放置で積み立てていくのが良いでしょう。積み立てていることすら忘れていてもいいと思います。最近はガンガン下げていますので、同商品を課税口座でも積み立てようか検討中です。巷では、つみたてNISAを損切りする人がいるようですが、冗談で言っているのでしょうか。

つみたてNISAでは、来年も継続して楽天VTIを積み立てていこうと思います。

 

【iDeCo-イデコによる節税】

つみたてNISAも非課税制度ですが、iDeCoもオトクな制度なのでフル活用したいですね。

【節税】2018年 iDeCoによる節税

バッドラック

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村