サラリーマンが株式を保有するというアドバンテージ

2018-11-14

※この記事はフィクションです。

株式を保有するというアドバンテージ

皆さんは社畜リーマンでしょうか?あなたの会社で株式投資をしている人はどれくらいいるでしょうか。「株!?」と聞くとそれだけで拒絶反応を示す人がいるのも事実ですが。そもろも株の話など会社でしませんよね。特に日本人なら尚更でしょう。ラクして稼ぐことは汚いことだという美学が国全体に広がっていますので。株で儲けた話などしたら妬まれてしまいますからね。

株式というのはスゴイものです。株式を保有することによるアドバンテージはなんでしょうか?

  1. 配当金を得ることができる
  2. 経済に興味が持てる
  3. 株主優待がもらえる(日本株ONLY)
  4. 株主総会に出席できる
  5. 株式非保有者より偉い

他にもあると思いますが、これくらいでしょうか。

1. 配当金を得ることができる

株式を保有していれば定期的に配当金を得ることができます。配当金というのは立派な不労所得です。クソの日本企業のように平気で減配・無配にするような企業は論外ですが、定期的に配当収入があるのが株式を保有していることの一つのメリットのひとつだと思いますね。得た配当金は使ってしまわずに再投資しましょう。そうすることで貧乏人人生を抜け出すことができます。

2. 経済に興味が持てる

投資をやると世界の見る目が変わったと言う人がいます。経済・金融・政治・その他いろいろなニュースが気になるようになります。ニュースに詳しくなる必要はありませんが、自分にとって気になった情報をつまみ食いでもいいので、気に留めておくと良いと思います。いつの間にかいろいろな経済・金融・政治情報などに詳しくなっているはずです。投資をやると企業の情報を収集しますよね。企業調査によって今まで知らなかった企業を知ることもできます。視野が広がりますね。

さらに米国企業のアニュアルレポートを読む機会なども出てくるでしょう。決算の数字の良し悪しを確かめたくもなるでしょう。英語にも強くなりますね。良い事づくしです。

スポンサーリンク

3. 株主優待がもらえる(日本株ONLY)

日本特有の文化です。日本では株主優待がもらえます。そんなもの配るくらいなら配当金上げろ!と思う人もいるかと思いますが…日本人は贈り物が大好きな人種なのです。食事券や優待券、食品、サービス、その他いろいろな株主優待があります。株主優待を目的に株式を保有している人もいるくらいです。

4. 株主総会に出席できる

これがアドバンテージ・メリットかと言うとそんなことはないかもしれません。株主総会に出席しなくても生きていけますから。最近では企業側の勝手な理由でお土産も取りやめになっているところがたくさんありますね。

株主総会に出席しても何も特別なことはありません。しかし、委託役員共が雁首並べて今にも倒れそうな様態を眺めることができます。面白いのが質問タイムです。中には容赦ない質問を議長へ投げ掛けるツワモノも居ますので、このやり取りの応酬を見ているのが非常に愉快です。当然ですよね、我々株主の資本を預かっているわけですから。失敗は許されません。しっかりと責任を持って経営にあたってもらいたいと思います。

5. 株式非保有者より偉い

株式を保有して権利を得れば株主になれます。株主は会社のオーナーです。所有者です。クソ企業で働かせてやっている経営者より遥かに格上なのです。つまり偉いんですね。勘違いしているクソ経営者が日本では多過ぎますね。100株保有している部長より、10000株保有している平社員のほうが偉いのです。かのピケティは言いました。資本の増加スピードのほうが労働による収入よりはるかに速いと。有名なr>gの話ですね。配当金の再投資+定期的な入金で資本の増大スピードを加速させましょう。

 

サラリーマンは収入の複線化をする必要があります。会社だけに依存していては何れ破綻するでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村