配当履歴をまとめてみた(2018年10月)

2018-12-26

お金大好き♪

配当履歴をまとめてみました。

米国株をはじめたのは2018年の1月でした。

それまで株なんてやったこともなく、右も左も分からない、英語も読めないような状態で始めました。「えっ、株ってなに!?」そんな思いで、最初に買ったのはジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)でした。理由は覚えていません。ただ、なんとなく買ったのでしょう。これが大ハズレ。買った瞬間瞬く間に右肩下がりの急降下。もう二度と株なんてやるか!と思って放っておいたらジョンソン・エンド・ジョンソンは徐々に回復してきました。

そんなこともあり徐々に米国株にのめり込むようになっていきました。後々知ることになります、ジョンソン・エンド・ジョンソンは実は優良企業だということを…….。

2018年上半期 配当金実績

月々の目標配当金額

さて、最初の頃は散々たる金額でしたが、いつしか毎月60~70ドル程度の配当金が入ってくるようになりました。これはスゴイことです。何もしていなくてもタダお金が入ってくる。これは素晴らしいことです。

スポンサーリンク

毎月配当金が入金されるというのがポイントで、毎月たとえ数円でもお金が手に入るというのは素晴らしいですね。金額は少ないですが立派な不労所得です。今思えば、株主なのだから当然のことなのですが、日本人はこれをあまり理解していないように思います。企業の従業員が奴隷のように毎日汗水流して働いた結果が、配当金となって株主に返ってくるのです。奴隷と投資家の格差というものを思い知らされました。

金額的にはまだ小さなものですが、着実に配当金を積み上げていきたいと思います。当面の目標は毎月100ドルの配当金の入金です。毎月100ドルの配当金がもらえるようにせっせとお金を貯めて株を買いたいと思います。

米国株は、米国と日本の税金が二重にかかります。これは損です。でも外国税額控除制度で部分的に取り戻すことができます。それが嫌ならフィリップ・モリスのような課税額が少ないものをどんどん買えばいいと思います。ということで、私はいまフィリップ・モリスを集中的に買い漁っています。

バッドラック

【関連記事】

配当金を着実に増加させていきましょう。

【配当金】手取り配当金の早見表