「生涯投資家」を読んだ

2018-09-25

生涯投資家(村上 世彰)を読んだ。とてもおもしろい本だった。

スポンサーリンク

 

日本企業の経営者というのがいかに保身に走り、投資家の金を死に金にしているかということがよくわかった。日本においては、コーポレート・ガバナンスなど名ばかりで、企業は好き勝手やりたいことばかりやっている。会社を私物化し、利益を内部留保として溜め込むばかりで投資家へ還元もせず、設備投資をするわけでもない。株主の目線にまったく立とうとせず、私利私欲のために投資家の金を無駄遣いする。株主と対話をするわけでもない。業績が悪くなれば減配・無配は当たり前。こんな企業を誰が応援したいだろうか。

 

もとより、私は日本株はどんどん売り払い米国株へシフトしていってるがこれはやはり正解だった。日本企業はもはや見放すのが最善だろう。

にほんブログ村 サラリーマン投資家

雑記

Posted by kirishima