【インドネシア】バンクセントラルアジア(BBCA)を売却しました

2018-09-04

インドネシア株のバンクセントラルアジア(BBCA)1600株を売却しました。

とうとう全株売却してしまいました。

【インドネシアの銀行】

インドネシアの銀行は儲かっています。昔と比べると下がってきていますが、金利も高いです。

バンクセントラルアジアは、インドネシアの民間最大手銀行です。資産ではインドネシアで3番目に大きい銀行です。1998年のアジア通貨危機の際、インドネシア政府が同行を国有化しました。現在最も伸びている銀行です。株価は過去10年で継続して右肩上がりとなっています。インドネシアの銀行は他にも、以下のような銀行があります。

  • バンク ラヤット インドネシア(BBRI):資産ではインドネシアで2番目に大きい銀行。
  • バンク マンディリ(BMRI):資産ではインドネシア最大の銀行

インドネシアはここ数年通貨安が続いていて、購入後右肩下がりでした。
2018年9月時点で、1ルピア=0.0075 円 です。

 

インドネシアルピアの10年チャートです。
※100ルピアに対する円

じわりじわりと年を追うごとに下落しており、しばらくは上昇は見込めないでしょう。唯一頑張ってくれた銘柄が銀行株であるバンクセントラルアジア(BBCA)でしたが、諸般の事情により売却することになりました。結果ほぼプラスマイナスゼロで、利益もなく損もなくという状態です。

【バンクセントラルアジア(BBCA)の10年チャート】

 

10年チャートです。10年チャートで見ると、緩やかですが非常に美しい右肩上がりです。今後も成長は期待できるでしょう。

【バンクセントラルアジア(BBCA)のEPSとPER】

ここ数年のEPSとPERを確認しておきましょう。

スポンサーリンク

  • 年     EPS(IDR) PER(倍)
    2012     480       29.48
    2013     579       24.44
    2014     669       28.10
    2015     731       25.72
    2016     836       22.49
    2017     933       20.15
    2018 予想  1044       18.01

EPSは非常に順調に伸びています。PERはここ数年下落傾向にありますね。

【インドネシアのこれからについて】

インドネシアは人口が世界第4位の国で、若年層が多く、人口ボーナスはこれから訪れます。社会・経済基盤やも未熟な部分も多く、インフラの整っていない地域もあり、まだまだ発展途上であると考えています。今後の伸びが期待できるので、資金ができたらまた買い付けてみてもいいかなと思っています。

SBI証券はインドネシア株を買うことのできる数少ない証券会社です。

応援ポチッをお願いします(^^)

スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ