PM フィリップ モリス インターナショナル を15株 買い増し

2018-08-31

PM フィリップ モリス インターナショナル を15株 買い増ししました。

株価が78ドルくらいに下がっていて、今月はまだ買っていなかったので買い増しです。おそらく以下に引用するニュースが要因でしょうか?

タバコは年々数人が減ってきています。しかしゼロにはならないでしょう。喫煙者は必ずいるのです。そして喫煙者がいる限り、そこからは利益が生まれます。これでフィリップ・モリスは合計100株になりました!平均取得単価は、83.20ドル。平均取得単価はもっと下げたいですね。

フィリップ・モリス・インターナショナルは高配当です

フィリップ・モリスは高配当銘柄なので、配当が出続けてくれればそれも緩和されますが。

以下は引用です。

 

フィリップ・モリス、第2四半期決算以来5%以上ダウンたばことたばこ製造会社のフィリップ・モリス・インターナショナル(Philip Morris International Inc.)(PM)の株式は、7月20日から8月28日までに5%以上下落した。同社の株価は年初来23%を下回っている。
同社は7月19日に第2四半期の利益を2018年に発表した。タバコの巨人の株は、別の失望した収入の後に下がっている。収益は11.7%増の77億ドルとなり、売上高は75億ドルの見込みでした。好調な通貨2億3,700万ドルを除く純収益は、当四半期において8.3%増加しました。

スポンサーリンク

営業利益は13%増の31億ドルとなり、1株当り利益は2017年第2四半期の1.14ドルから​​23.7%増の1.41ドルとなりました。
投資家は、米国外でのタバコの販売が減少したことを懸念し、日本では同社のiQosの販売が減速した。同社のiQos製品は気化器市場で競争する試みです。日本は世界最大の市場であり、10月まで減速が見込まれています。
フィリップ・モリスは、iQos製品の新しいモデルを10月に値下げする予定です。新世代の製品は、年末までに全世界にリリースされる予定です。たばこの量も同社の懸念事項であり、第1四半期の販売数量は1.5%減少している。ヒータータバコの販売台数は73%増加し、それでも過去に比べて低速であり、110億台のタバコが販売された。
同社はプレスリリースに根本的な強みを示したが、同社は予測を下げて株式を引き続き下回った。株価予想は5.25ドルから5.40ドルへと5.02ドルと5.12ドルの間で下落した。
通貨の中立的な収益の伸びは、8%の目標から3〜4%の期待の半分になりました。投資家は、iQosデバイスが米国で人気のある商品になるかどうかについて疑問を呈しているため、主な懸念事項は主な懸念事項である。同社は、リスク軽減ラベルを付して製品を販売できるかどうかについてFDAからの承認を待っている。
このラベルは、製品を宣伝する際に企業に競争力を提供しますが、多くの投資家は製品が承認されるとは考えていません。
フィリップ・モリスなどの電子タバコ企業も政府の管理強化に直面しており、インドの保健省は喫煙装置や電子タバコの販売を中止するよう求めている。フィリップ・モリスはインドでiQosを開始する計画を立てていたが、保健省はこのデバイスは「健康上のリスクが高い」と警告している。
ディスクロージャー:著者は上場株式に株式を持たない。この記事は、GuruFocusで初めて登場しました

 

にほんブログ村